鉄道は「安全・正確」な運行が当たり前・・・
その工事を陰で支えるプロフェッショナルです!!

鉄道は「安全・正確」な交通機関であり、それを維持するために日夜 工事が行われています。そこで事故が発生すると、利用者等に多大な影響が出てしまいます。また、鉄道工事の事故は即座に命に直結します。

弊社は鉄道利用者に安心して快適に利用していただくため、そして、工事従事者の命を守るため、鉄道会社ごとの資格を有した専門性の高い警備員を揃え、安全に関する万全の工事環境をサポートします。

主な鉄道警備形態
形態別に3つの警備をご提供します!!

鉄道利用者および工事従事員の安全を守る目的は同じですが、その役割に応じて、大きく分けて次の3つの警備形態をご提供します。

駅構内・プラットホーム上における旅客誘導

駅構内・プラットホーム上における旅客誘導

既存の駅改良工事等では、通常通り駅を営業させながら工事を進めることになります。

そのため、保安対策(仮囲い設置等)によりホーム上の通路が狭くなって旅客が転落したり列車と接触しかねない危険が生じる可能性があります。

また、工事により利用者を迂回させ、これまでと違った動線を辿らせることに起因する混乱等も多々発生します。

主要駅等での実績と経験豊富な弊社の旅客誘導員が、適切に案内・誘導することにより、これらの危険の回避、旅客のストレスを軽減させることができます。

 列車見張・監視業務

列車見張・監視業務

鉄道工事では、列車の行き交う合間で作業をすることになり、列車接近時には工事を中断(終了)して線路上等に従事員や列車支障物がないことを確認しなくては、大事故に繋がります。

鉄道特有の専門知識やダイヤの見方を把握した列車見張(監視)員が、工事中、終始 列車の進来を注視し列車接近時には適切なタイミングで合図を出し、従事員および列車の安全を守ります。

また、万が一の事故発生時または発生の恐れのある場合には、直ちに列車停止の手配を行い、被害を最小限にします。

鉄道施設内等工事における重機誘導業務

鉄道施設内等工事における重機誘導業務

鉄道施設内等での工事では、工事用重機械等の転倒、転落、鉄道施設への接触や衝撃、工事従事者との接触等により、列車運行の多大な支障、鉄道利用者・公衆・工事従事者等への重大な危険を及ぼす可能性があります。

鉄道警備のプロとして工事用重機械等の運転合図および誘導を適切に行うとともに、万が一の事故発生時には、いち早く列車防護の手配を行い、被害を最小限にします。